リオン塾長のWEB授業

[英文法解説]時・条件の副詞節の問題を5秒で簡単に解く方法

LINEで送る

時条件の副詞節

今回は、受験で最も出題率が高く、

受験生の正答率が低い「時・条件の副詞節」の問題が

5秒で解けるようになる内容をお送りいたします。

その際に、英語を学ぶ上で最も基本的な言葉の意味、

つまり名詞、形容詞、副詞、句、節とは何かを徹底的に解説します。

受験生にとって、今回は大切な回のひとつなのでしっかり勉強しましょう。

5秒問題に挑戦!

松田塾長:

よし。じゃあ今日も問題を5秒で解くところから始めてみよう。

はい、始め。

[問題①] 出題:東海大学

(  )に適語を入れなさい。

I’ll call her when I (   ) dinner.

①will finish

②am going to finish

③finish

④am finished

松田塾長:

5・・4・・3・・2・・1・・。

はい、そこまで。

答えは何番だ?

生徒:

松田塾長、今回は頂きました。

“I’ll call her”と未来の話をしているので

答えは①の”will finish”で間違いないでしょう!

松田塾長:

不正解だ。

生徒:

そんな!

自信があったんだけどなぁ…。

松田塾長:

じゃあなぜ③が答えなのか説明してもらえるかな?

生徒:

説明は…出来ないです。

なんとなくそう答えました。

松田塾長:

説明が出来ないということは、理解出来ていないということだ。

そんな状態で「頂きました」など100年早い。

どんな問題にも理屈があるんだよ。

じゃあ聞くが、「名詞」とは何か、説明出来るか?

生徒:

名詞ですか?

そりゃあ「モノの名前」のことですよ。

松田塾長:

そんな小学生みたいな答え方をするな。

今から名詞、形容詞、副詞の言葉の説明をする。

英語は堅苦しい言葉を覚える必要はないが、

学んでいく上で基本となる最低限覚えなければいけない言葉はあるから

今回はそれを覚えて基礎力を高めよう。

使役動詞7

重要ポイントと例文

松田塾長:

“Tom is a student.”

Tomが名詞というのは分かるよな?

このTomがなくて文章は成り立つか?

生徒:

成り立ちません。

松田塾長:

そう。名詞は文章の中で、まず主語(S)になるんだ。

また、”a student”がないと文にならないでしょ?

「Tomは、です」では文章は成り立たないよね。

Tomが何なのかを補足説明する補語(C)が必要になる。

この場合では”student”だ。

生徒:

なるほど。

松田塾長:

I saw(私は見た)だけで文章は成り立つかな?

「何を」、「誰を」、が必要でしょ?

日本語の「~を」は、英語のO(目的語)と一緒なんだ。

この場合は”Tom”が目的語になる。

”Tom”がないと文章が成り立たない。

つまり名詞はOにもなるんだ。

もっと簡単に言えば、名詞は文の(S)(C)(O)になると覚えよう。

言い換えると、名詞がなければ文は成り立たないということだ。

そして形容詞は名詞を修飾する語のことを言う。

副詞は名詞以外を修飾する語と覚えよう。

さらに、句と節の言葉の意味も覚えてくれ。

句は「二語以上からなるが(S)(V)はないもの」を言い、

節は「 (S)+(V)の文のこと」を言う。

下に重要ポイントをまとめたから必ず確認しよう。

塾長板書:5秒で解くための重要ポイント

時・条件の副詞節5

※クリックで板書が拡大します。

松田塾長:

節が名詞の働きをしていれば名詞節。

形容詞の働きをしていれば形容詞節。

副詞の働きをしていれば副詞節になるんだ。

今回の主役は、名詞節か副詞節かを見分けること。

これだけだ。

次の例文を見てみよう。

時・条件の副詞節6

松田塾長:

まず、aとbの枠内を見て欲しい。

この括弧の中に”rain(雨が降る)”という動詞を入れたい。

しかし、aとbでは入るカタチが違う。

今から解き方を説明するぞ。

まずは上のように接続詞の前で区切る。

そして接続詞、この場合で言うと”if”の後ろの文章をまず見るな。

そして接続詞から始まる文がなくても文が成り立つのはaとbのどちらだ?

生徒:

aは「私はあなたに電話します」なので成り立ちます。

bは「私は、が分からない」なので成り立ちませんね。

松田塾長:

その通りだ。

aはifから始まる文がなくても文が成り立つ。

bは成り立たない。

主節(接続詞のない主語動詞)だけで文が成り立つのが副詞節と言う。

副詞はあくまで副産物だからなくていいと考えよう。

そして、主節だけでは文が成り立たない節を名詞節と言う。

いいか、大事だからもう一度言うぞ。

なくてもいいのが副詞節、ないといけないのが名詞節だ。

生徒:

なくてもいいのが副詞節で、ないといけないのが名詞節なんですね。

そうか!

副詞は「名詞以外を修飾するもの」で、

名詞は「文の(S)(C)(O)になるもの」でしたよね。

松田塾長:

そういうことだ!

つまりaのifから始まる文は副詞節、

bのifから始まる節は名詞節なんだ。

続いて最も重要なポイントを説明するぞ。

時・条件の副詞節は未来の話も現在時制になる。

もう一度例文を見てみよう。

時・条件の副詞節6

副詞節内の動詞は未来の話も現在時制だから”rains”になる。

一方、名詞節内の未来の話は普通に未来形のままなので

“will rain”になるんだ。

生徒:

なるほど分かりました。

松田塾長:

もうひとつだけ大切なことがある。

これは後々大事になるから必ず覚えるようにしよう。

副詞節の”if”は<もし~>と訳し、

名詞節の”if”は<~かどうか>と訳されるから意味も違うんだ。

時・条件の副詞節7

生徒:

理解できました!

5秒問題の解説

松田塾長:

いい感じだぞ!

じゃあ冒頭の問題に戻ってみよう。

これは何節で何番が正解かな?

[問題①] 出題:東海大学

(  )に適語を入れなさい。

I’ll call her when I (   ) dinner.

①will finish

②am going to finish

③finish

④am finished

生徒:

まず”when”で区切ります。

“when”の後ろがなくても文が成り立つのでこれは副詞節ですよね。

接続詞以前の文章だけで成り立ち、

そして、副詞節内の動詞は現在時制になるので

③の”finish”が正解です!

松田塾長:

完璧な回答だ。

P1150262_R

松田塾長:

よし。

「未来は今日始まる。明日始まるのではない。」という言葉がある。

いいか、今この瞬間よりも1秒でも前の事は過去になってしまう。

受験対策だって明日から始めるのではなく、

今日、今この瞬間から始めるという意識が重要なんだ。

人が変えられるのは過去でもなく未来でもなく今だけだ。

後悔しない未来を迎えるために今日を全力で過ごすようにしよう。

生徒:

はい!

松田塾長:

というわけで、今日のラストスパートとして練習問題に挑戦するぞ。

練習問題に挑戦!

[練習問題①]出題:大阪電通大学

By the time she (   ) there, she will be happy again.

①get

②gets

③will get

④got

[練習問題②]出題:駒沢大学

I can’t tell if it (   )tomorrow

①is raining

②has been raining

③rains

④will rain

練習問題に回答

松田塾長:

じゃあ答えてみようか。

生徒:

①は副詞節なので②の”gets”。

②は名詞節なので④の”will rain”が正解です!

松田塾長:

正解だ!

今日は絶好調じゃないか。

どうした。何かいいことでもあったのか?

生徒:

実は今日、市内にある温浴施設帰りなんですよ。

そしたら持病のリウマチ性多発筋痛症がすっかり良くなっちゃって。

あそこはまさに「名施設」ですね。

松田塾長:

リ、リウマチ性多発…何だって?

まさかだけど、「名施設」を「名詞節」とかけてるつもりか…?

生徒:

あ、分かってくれました!?

ウフフ。

どうです。僕の温浴効果ギャグでポカポカになりました?

松田塾長:

ああ、湯冷めしたよ。

お前はやっぱりいくつなんだ?

今日の授業のまとめ

・名詞は(S)(C)(O)になるもの。

・副詞は名詞以外を修飾するもの。

・◯◯節の判断順序

①接続詞やカンマで切る。

②接続詞以前の文章を見る。

③接続詞以前の文章だけで成り立つか判断する。

それだけで成り立つ場合→副詞節。

それだけでは成り立たない場合→名詞節。

・「時・条件の副詞節」内は未来の話も現在時制。

松田塾長、今日の格言

The future starts today, not tomorrow.

未来は今日始まる。明日始まるのではない。

~ヨハネ・パウロ・2世~

今この瞬間より1秒でも過ぎれば、
それは未来である。
逆に言えば、今この瞬間よりも1秒でも
前のことは過去になってしまう。
明日から成長を始めるのではなく、
今日から始める。
未来は今日から始まっているのだ
人が変えれるのは過去でも未来でもなく今だけ。
今やれることは今やろう!

プロフィール

松田 貴盛

リオン塾長

1979年、千葉県出身。小学校から高校卒業まで市原市で過ごし、高校卒業後は映画監督を目指しアメリカに単身留学。4つの州を1人渡り歩き、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校を卒業。その後、2年ほどLongBeachテレビ局のカメラマンとして従事する傍ら、グレイシー柔術道場に通う。アメリカで役者も経験。2005年に帰国後、大手進学塾で英語講師として活躍。8年間のアメリカ留学で培った英語力を武器に、わずか3ヶ月でトップ講師に登りつめる。201012月より「英語進学塾リオン」を経営、また、“朝日奈こうや”の芸名で俳優業も続け、テレビ朝日「検事・朝日奈耀子」シリーズに6年間出演中。人生をかけて勝負している生徒以上に、常に挑戦し続けている事で、生徒と教師の信頼関係が本当に強いものとなることを提唱。教師の育成にも全力で取り組んでいる。

 

cta

 

新着情報